title

建築士会広島支部報より

試験的に支部報から、広島の建築物の紹介記事を転載しています。

---試験開設の目的
 インターネットは様々な活用ができますが、その中の情報ストックの共有化機能に着目しました。
 広島支部は支部報「鯉城」で広島の建築情報を発信しています。この中の「施設チャームポイント紹介」のコーナーでは毎号数件の建築作品が掲載されています。
毎年数件のストックですが10年、20年と継続すれば100件以上の情報蓄積となります。また、バックナンバーの掲載作品を補充していけば、さらに充実します。
 この情報を活用し広島の建築作品のデータベースを目指して掲載された作品を転載し情報の蓄積を行いはじめました。情報が増えれば、検索可能なシステムを付加する予定です。
 少しづつの情報ストックなのと既に原稿ができあがっているものの2次利用なので作業の労力はほとんどかかりませんが、このような建築作品情報のデータベースづくりが各地域に広がり、それらの情報が連携し日本全国の建築作品情報が共有可能となることを期待しています。


施設チャームポイント紹介

  • 2004年02月号掲載
  • 浮箱の家 / The house of a float box(広島市安佐南区)
  • 好日庵(こうじつあん)(山県郡大朝町)
  • 阿 賀 の 家(呉市阿賀中央)
  • YM townhouse(広島市佐伯区)
  • 2003年09月号掲載
  • 知的障害者更生施設 西志和農園 −「もみじの木」は残った−
  • 開かれた交番を目指して 広島西警察署五日市交番 (広島市佐伯区)
  • 塩田邸
  • 広島宇品港旅客ターミナル
  • 2003年03月号掲載
  • 軸組構造の家(広島市南区)
  • カジル横川 商業施設から楽しみ施設へ(広島市西区)
  • 岡野邸
  • 庚午の家
  • 2002年09月号掲載
  • 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(広島市中区)
  • PAS
  • 清水医院
  • 袋町小学校
  • 廿日市市市立平良小学校
  • 2002年02月号掲載
  • 細坂の家 -新しいふるさとづくり-(広島市西区)
  • I HOUSE
  • せいわ園
  • 広島経済大学図書館(広島市安佐南区)
  • 2001年09月号掲載
  • CUBE HOUSE(広島市西区)
  • 牛田住宅情報スクエア「アスタ」オープン(広島市東区)
  • 広島アートファッションアカデミー(広島市中区)
  • 紙屋町シャレオ(広島市中区)
  • 施主参加の家づくり(広島市西区)
  • 2001年03月号掲載
  • 紙屋町地下街[シャレオ]オープン!(広島市中区)
  • 2000年10月号掲載
  • 広島市西消防署 福島コミュニティ消防センター
  • メモリアルナタリー「フジグランナタリー」(廿日市市)
  • PENCILビル(広島市中区)
  • 2000年01月号掲載
  • M’S   GATE
  • 環境共生型寮<ドーミー庚午>(広島市西区)
  • 特別老人ホーム 菜の華(広島市安佐南区)
  • Fビル(広島市南区)
  • 1999年10月号掲載
  • ホテルJALシティ広島(広島市中区)
  • 安田女子大学A棟・8号館(広島市安佐南区)
  • 東平塚のアトリエ(広島市中区)
  • 『歴史の散歩道』とその一連の建築景観(広島市東区)
  • 1999年3月号掲載
  • 広島駅南口Aブロック第一種市街地再開発「エールエールA館」
  • アーバンデザインを取り入れた宅地開発「ニューエイジタウンこころ」(広島市)
  • 明るく開放的なアトリウム空間を持つ舟入高等学校(広島市)
  • 1998年10月号掲載
  • 西区地域福祉センター(広島市)
  • 自然の中の「矢野南小学校」(広島市)
  • 石崎本店ビル(広島市中区)
  • 1998年3月号掲載
  • 広島市の新しい副都心〈広島イースト〉
  • 廿日市市庁舎及び文化センター
  • 1997年10月号掲載
  • 広島女子大学図書館棟は何故まるいのか?
  • トイレは小さな美術館
  • 水の都モデル整備事業
  • 1997年2月号掲載
  • エリザベト音楽大学2号館
  • 楽々園の家

  • 広島支部支援プロジェクトHPへのリンク

  • 住民参加の住まいづくり協議会(コープラティブハウス)
  • 「みんなでつくろう可部のまち」ワークショップ

  • 関連リンク

  • 鳥取県建築士会ホームページ
  • 広島県建築士会因島支部(試験公開)
  • JIA(社団法人日本建築家協会)
  • AIJ(社団法人日本建築学会)
  • 日経アーキテクテュア
  • 新潟県建築士会ホームページ

  • Back to
    The joyful Hiroshima Home page
    mailto: Sadamu Gohyakuda